メイク講座って何するの?「元美容部員が教える、あなたのお悩み解決メイク術」NO.3 「眉毛がうまく書けない」

最近沖縄で流れている「麦飯石」のCMのきらりちゃんが可愛すぎて目が離せないバッカム株式会社・広報担当の綾部です。

今回も前回に続き、番外編のメイク講座のお悩み/ワンポイントアドバイスをお伝えしようと思います。

メイクのお悩み「眉毛がうまく書けない」

メイク講座のお悩みアンケート調査の中では「眉毛がうまく書けない」というお悩みが一番多かったので最後にそちらのワンポイントアドバイスをしていきたいと思います。

メイク講座に関わらず、私が美容部員時代も 眉毛の書き方 についてのお悩みは堂々の第一位でした。人の顔は左右対象ではない為、眉毛に関しても毛の生え方や位置などが左右で違い、しかしながら同じに描きたいので難しいのです。そしてそもそも眉頭や眉山、眉尻の位置もなんとなくで描いてしまいがちなので、それぞれの位置が分かれば描きやすくなります。

描き方はまず、眉尻から描いていきます。眉山と眉尻の位置に印をつけ線で結び、その後太さの調整をしていきます。最後に眉頭の足りないところを描き、ブラシがあればぼかして、アイブロウ用のシャドウを筆でのせたり、アイブロウ用のマスカラをつけます。

もっと詳しく知りたい方は眉毛の書き方を説明しているこちらのメイク講座動画をご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=hT-sk_7QUKg

メイク講座HPはこちら

https://backham.jimdosite.com

次回は、バッカム株式会社の他の事業についてご紹介できればと思います。

MAHOU MAKE

そしてスマホで韓国コスメが試せるバーチャルメイクサービス「MAHOU MAKE」をまだ体験していない方、こちらも是非体験してみてください。

人気の韓国コスメ、JUICY LASTING TINT#22~#25までの新色も試せます!!

MAHOU MAKE

https://mahoumake.com/

(スマホでアクセスして、「Try!」ボタンをタップすると始まります。)

Instagram

https://instagram.com/mahou_make

ぜひフォローお願いします。